地盤調査のプロにお任せ【不安を解消しよう】

MENU

地盤を調査するメリット

工事現場

建物の安全性と災害防止

家やビルなどの構造物を建てる場合、必ず行われるのが地盤調査です。地盤が軟弱だと家やビルなどの構造物の重みによって地盤が沈み込むことがあるからです。そうなると建てた構造物自体が傾き、最悪の場合は横倒しに倒れることもあるのです。地盤というのは表を見ただけではわからないのです。かつて田んぼや沼地だった場所を埋め立てた場合、軟弱な地盤になります。地盤調査をしてそれがわかれば、土壌を入れ替えたりコンクリートで補強工事をすることで地盤を補強できるのです。また日本では地すべりや崖崩れなどの自然災害が多いですが、地盤調査をすることによって地すべりの可能性がある箇所を特定することができます。崖崩れなどもどの地点が崩れやすいか把握することができます。その結果、地すべりや崖崩れの対策が取れるのです。その他にも地下水の水質検査でも地盤調査は行われますし、それによって汚染された地下水の状況などを知ることができます。温泉や石油や天然ガスなどの地下資源を調べるためにも地盤調査は行われます。このように地盤や地下についての情報を得るために役立つのが地盤調査です。家は一生に一度の大きな買い物で、子々孫々に受け継がれるものです。家を建てる前には必ず地盤調査をして安全性を確かめる必要があります。大規模な分譲地などは山を崩して埋め立てている場合があるので、特に調査を要します。川沿いの土地なども比較的軟弱な地盤が多いので調査をしてから家を建てます。