地盤調査のプロにお任せ【不安を解消しよう】

MENU

適切な地盤改良工事を実施

工事現場

第三者による調査

住宅を建築する場合には地盤調査を行うことが義務付けられています。地盤の強度が不足していると、土地が不同沈下して住宅が傾くなどの被害が発生する恐れがあるからです。しっかりとした地盤調査を行って必要に応じて地盤改良をすることで住宅の被害を避けることができますが、調査を依頼する業者を適切に選ばなければ、思わぬ支出をすることになりかねませんので注意が必要です。一般的に、地盤調査は住宅メーカーのあっせんによって業者を選ぶことになります。地盤調査の結果、地盤改良が必要になった場合には、同じく、住宅メーカーがあっせんする業者によって地盤改良工事を行うことになるのが一般的です。住宅建築の施主にとっては複数の契約を結ぶのは大変ですので、住宅メーカーが一括してあっせんする方が簡単に作業を進めることができます。しかし、すべてを住宅メーカー任せにしてしまうと、必要以上に支出が多くなる恐れがあります。住宅メーカーにとってはできるだけ安全性の高い地盤にすることが重要ですので、地盤調査の結果リスクがあるようであれば万全の地盤改良工事を実施します。地盤改良工事は、表層改良のみであっても50万円程度必要になりますし、地盤改良工事の手法によっては200万円近くかかる場合もあります。住宅の大きさによってはさらに増えることもあります。そのため、必要以上の工事にならないように、第三者の意見を取り入れることも大切です。地盤調査を第三者に依頼したり、セカンドオピニオンを求めることで、適切な範囲の地盤改良工事を行うことが大切です。