地盤調査のプロにお任せ【不安を解消しよう】

MENU

必ず行うべき

工事現場

行うタイミングとは

大震災の発生が懸念される昨今、家を建てるときの地盤調査に注目が集まってきています。地盤調査とは大きく分けて二種類あります。一つ目がその地域が過去にどのような断層であったかを調べる広いエリアを対象とした地盤調査です。二つ目が家や建物を建てるその土地の下にどのような断層があるかを調べる地盤調査です。個人が家を建てるときに関係してくるのは二つ目のものです。仮に広いエリアでは安全な断層だったとしても、家を建てる土地に何らかの脆弱性があることはありえます。そのため、家を建てるのならば地盤調査は必須といえます。地盤調査の結果、土地が脆弱とわかったら土地改良工事をしなければ家を建てても安全とはいえません。調査も多少費用はかかりますが、より高額なのは土地改良工事です。こちらには二百万円ほどかかることもありえます。そのため調査自体を行うかどうか迷うという人も多いのですが、家を建てるのならば必ず行うべきです。なぜならば建てた後に改良工事をするのは不可能であるためです。また、調査をするタイミングは、家の設計を行ってからとなります。土地を買う前の段階では行えません。ですが、仮に脆弱な土地だとわかっても、改良工事さえすれば問題なく家は建てられます。費用は余計にかかるおそれがありますが、建てられることは建てられるのです。ただ土地を買う時点では博打的な買い物になるのは否めません。ですが行わなければ高い買い物がいざという時になくなってしまうおそれもあるので、大震災のおそれがある地域では行うべきといえるでしょう。