地盤調査のプロにお任せ【不安を解消しよう】

MENU

地盤の重要性

作業員

調査方法も様々

地震発生時の自宅への被害を最小限に抑えるためには、地盤の状態が非常に重要とされている。緩い地盤の上に建てた建物では、揺れが増幅されてしまい、小さな地震であっても周囲の被害に比べ大きな被害につながる恐れがある。これらの地盤状態を把握し、緩い地盤の場合には地盤改良を行ったり、より深く杭を打ち込むなど対策することが重要になっている。これらの地盤改良を行ったり、建物の耐震強度などを上げる検討を行うために必要なものが地盤調査である。地盤調査を行う際には、専門の調査会社に依頼して地盤調査を行うことになる。戸建て住宅などを建てる場合には、建てる前に地盤調査会社に依頼して調査する必要がある。また、マンションなど大型の建物を建てる場合には地盤強度がより重要になるため、地盤調査で詳細な調査を行う必要がある。地盤調査では、地盤の性質やその地盤に含まれる水分量、粘着状況などを調べてもらうことができる。地盤調査で一般的に行われる方法としては、鉄の棒を地面に打ち込み、それにより調査するという方法である。天候の状態などにより、地盤状態が変わることがあるため、通常は何度かに分けて調査が行われる。また、最近ではこれらの棒を打ち込まず計測機械のみで地盤状態を計測する方法も利用されてきている。計測機器での計測では、計測のための準備が簡単に行えることや、計測のためにかかる時間も短縮できる。その為、低予算で対応してもらえるケースも多い。