地盤調査のプロにお任せ【不安を解消しよう】

作業員

地盤の重要性

建物を建設する場合、地盤状態を把握するために地盤調査が必要になる。地盤調査結果を受け、耐震強度をどの程度にするか検討したり、杭打ちの長さや場所を決めるなど重要な調査になる。調査では、鉄の棒を打ち込むなどして調査される。

MENU

工事現場

必ず行うべき

地盤調査とは地盤が脆弱かどうかを調べるもので、広いエリアを対象としたものと家を建てる土地などの狭いエリアを対象としたものに分けられます。脆弱ならば土地改良工事が必要となり、それには費用がかなりかかりますが、安全な家にしたいのならば行うべきといえます。

作業員

戸建には地盤確認が必須

注文住宅を土地から購入して建てる場合に留意すべきは、その土地の地盤です。地盤調査によって土地の強度を知ることができますが、仮に地盤改良が必要な場合には高額の出費が必要となることから、そのようなリスクを抑えるためには沿岸部や河川流域などは避けた方が無難でしょう。

工事現場

適切な地盤改良工事を実施

住宅建築に際して地盤調査が義務付けられていますが、一般的には住宅メーカーが地盤調査から地盤改良までの業者をあっせんします。しかし、適切な範囲の地盤改良工事を行うためには、第三者に調査してもらったり、セカンドオピニオンを求めることが大切です。

工事現場

地盤を調査するメリット

家やビルなどの構造物を建てる時には必ず地盤調査をします。田んぼや沼地を埋め立てた土地は地盤が軟弱で、構造物が傾く恐れがあるからです。調査の結果によっては地盤の補強工事をします。また地すべりや崖崩れを食い止めるためにも地盤調査は行われます。地下水の水質検査や温泉などの地下資源にも調査が行われます。

住宅建築に重要な地盤

工事現場

調査を依頼する業者

新築住宅を建築する場合には、地盤の強度が重要になります。軟弱な地盤に住宅を建築してしまった場合には、地盤の不同沈下によって、住宅が傾いてしまう恐れがあるからです。住宅そのものに欠陥がなくても、地盤が軟弱であれば傾いてしまいます。そうならないためにも、地盤調査を行って地盤の強度を的確にチェックし、必要に応じて地盤改良を行うことが大切なのです。地盤調査を行う場合、住宅メーカーを通して依頼することが一般的ですが、その場合には費用が高くなる恐れがあります。日本においては特に軟弱地盤によって住宅が傾くことがないように地盤改良をしっかりと行う傾向にあります。そのため、必要以上に地盤改良工事をするケースがありますので、地盤調査のみを切り離して行い、適切な地盤改良工事を行うようにしなければなりません。住宅メーカーを通して地盤調査を行うと、地盤調査と地盤改良工事、住宅建築を一体的に行うため、手続きは簡単になりますが、必要以上の工事を行うことになる可能性があります。地盤改良工事には、表層改良や柱状改良、鋼管杭改良など様々な方法があります。地盤の強度によって採用する工法が異なりますし、費用も異なってきます。必要以上に費用の掛かる工事をすることがないように、地盤調査の際にしっかりと実施すべき改良工事を検討することが大切です。そのためには、外部の第三者に調査業務を依頼することが大切ですし、必要に応じてセカンドオピニオンを求めることが大切です。